田舎役場職員の遠吠え

Almost anything you do will be insignificant, but you must do it.

老人モンスター vs ポケットモンスター

一時期流行っていたポケモンGOですが、最近また何か面白い出来事でもあったのでしょうか?

私の勤める図書館周辺は、ポケモンやアイテム等の宝庫らしく、ほぼ朝から晩までポケモンGO目当ての方がやって来るんですが、ここ数日、急増しています。

常連の方は、図書館内に入らなくても、施設周辺にあるお決まりのポイントに行かれるんですが、初心者のように見える方たちは、スマホを持って館内をウロウロ。

正直、ちょっと迷惑しています。

そして、この方たち、8割以上は高齢者なんです。

 

図書館内で禁止している迷惑行為をする年代っていうのは、実は、中学生と老人なんですが、いつも注意されているのは中学生たち。

そこで、私が図書案に来てから、携帯電話で話している方、ソファーで寝ている方、大声で談笑してる方、イヤホン無しでラジオをつけている方など、誰も注意したがらない年配の方たちを率先して注意してきました。

当然のことながら、ものすごく下からお願いする感じで注意させていただくんですが、注意されることに慣れていないお年寄りたちは、相当面白くなかったみたいです。

とある常連のお婆さんが、内緒で教えてくれました。

 

みんな、あんたが来てから、厳しくなったって言ってるから、気を付けた方がいいよ。

町長とか部長に言いつけるって言ってる人もいるから。

 

まだ社会に出たこともない中学生たちが騒いでしまうのは、ある程度仕方がないと思っています。

もちろん社会勉強の場でもあるので、公共の場や図書館などでやってはいけないことはきちんと教えるようにしています。

でも、還暦を過ぎた方々なら、やっていいことと、やってはいけないことの分別はご存知だと思うんですよね。

 それなのに、同じことをやって、子ども達だけを叱るのは、どうなんでしょう?

 

ということを話すと、常連のお婆さんは、私もそう思うんだけどねぇ~、と困った顔をしながら、帰っていかれました。

 

親切で教えてくれたお婆さんには申し訳なかったんですが、結局、こうゆうことが、権力者を増長させてパワハラが蔓延する、田舎役場の根底にあるんでしょうね。