田舎役場職員の遠吠え

Almost anything you do will be insignificant, but you must do it.

発達障害の部下

私の部下にも、発達障害の職員がいました。

彼の行動の9割は、こちらの気持ちの持ちよう次第で、笑って済ませることができたので、少しづつ、日常生活の常識を教えるつもりで接していました。

でも、どうしても受け入れがたかったことは、「命」に対することでした。

例えば、彼の運転する公用車に乗っていると、人格が変わったようにスピードを出し、一時停止も、信号もお構いなしになってしまうことが何度もありました。

そのたびに安全運転を促すのですが、同時に複数のことに注意を向けることが難しいようで、運転業務については、かなり危ないものがありました。

 

あるとき、田舎道を走っていると急にスピードを上げ、小学生が下校している列のすぐ横を、猛スピードで走り抜けることがありました。

咄嗟に大声で注意しようと思いましたが、それまでにも運転中に話しかけて、ハンドル操作が危うくなったことがあり、通り過ぎてから車を停めさせ、注意しました。

その後は、遠くに小学生を見つけるたびに、かなり手前から徐行するように命じ、私の手はいつでもサイドブレーキに手をかけ、なんとか対応してきました。

 

そんなある日、農家を訪問した際のことです。

敷地に入った途端、急加速してハンドルを切り、家の前で遊んでいた子猫たちをひき殺してしまいました。

不意を突かれた私は、なす術がありませんでした。

 

彼は、殺すつもりはなかったと言います。

たぶんそれは彼の正直な気持ちなんだろうと思います。

思い返せば、空き缶を見つけて、わざわざ轢いていたこともあり、彼にとっては子猫も空き缶も、同じような対象でしかなかったのかもしれません。

新幹線で起きたニュースを見て、連行されていく犯人の表情が、私の部下だった彼とダブりました。

 

社会の受け皿が・・・

というコメントをテレビで聞き、誰もが「受け皿」のひとつだということを、もっともっと自覚する必要があるように感じました。

そして、日頃から、彼らに対して、具体的に何をどうして接していけばいいのか、教えてほしいです。

 

被害者の方のご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

首長の資質

私の勤務している公共施設には、玄関に最も近い場所に、身障者や高齢者のために設けられた駐車スペースがあります。

ごくたまにですが、健常者が高齢者のスペースに駐車していたり、高齢者が身障者のスペースに駐車していると、苦情が入ることがあります。

でもそれは、優しさと思いやりの気持ちで設けられているスペースなので、人をいたわる気持ちを持った方だからこその苦情なんだろうと思っています。

 

そんな駐車スペースに、来館時に必ず駐車している高級車があります。

エンジンをかけたまま、長いときは1時間近くも駐車しています。

運転手は乗ったままですが、後部座席から降りてくる方は、健常者です。

 

今日みたいな寒い雨の日は、みんな車から傘をさして歩いて来たり、傘をささずに小走りで駆けて来たりするんですが、その方だけは、濡れません。

たとえ玄関まで1~2メートルであっても、秘書が傘をさしているからです。

 

私は、そうゆう奴が首長になっている田舎役場に勤めています。

ただただ、恥ずかしいです。

 

公立の図書館だからといって、あんたの私物じゃないんだよ、ばーか。

 

 

緑十字 道路標識 道路404 身障者 133320

緑十字 道路標識 道路404 身障者 133320

 

 

 

抱腹?人事

日大の伝家の宝刀、報復人事。

相当怖いみたいですよね。

私の役場も同じです。

ちょっとでも上司に逆らおうものなら、みんなが行きたがらない部署に飛ばされます。

そこに定年まで置いておかれるか、途中で心を病んで休んでしまうか、みたいです。

でも、そこに行ったからといって、拷問されるわけでもなく、給料が減らされるわけでもなく、私にしてみれば、行きたがらない理由が理解できません。

 

私が、かつて受けた(今も?)、周りが言っている報復人事というのは、1年おきに異動させられることでした。

きっかけは、以前にも書きましたが、捕獲した犬を殺さなかったことが発端です。

定年退職した親切な部長からの情報では、私が辞めるか、精神的に潰れるまで、1年ごとに異動させて、仕事を覚えさせないようにしろ!

と、副町長が部課長達に言っていたらしいです。

まぁ、この退職した方も、在職中は周りの目があるから、私に話しかけないようにしていたそうで、本当にしょうもない連中です。

 

いつも思うんですが、役場の中にある「行きたがらない部署」なんて、民間企業から考えれば天国のような部署なわけで。

役場でしか働いた経験がない方たちが考えている「行きたがらない部署」でも、私にとっては楽しい部署だったりするわけで。

「行きたがらない部署」に来る、クレーマー扱いされているお客さんとも、普通に接していれば仲良くなれたわけで。

結局、価値観が全く違うんですよね。

 

つまり、田舎役場の幹部職員が息巻いている「報復人事」なんて、

まったく報復になっていませんから~!残念〜! ということです。

 

ということで、今は「終末処理場」と揶揄されている「図書館」で働いています(あくまでも、うちの役場での呼称です)。

が、そのおかげで、司書の資格もとって本の知識も増えたし、ボイラーの使い方を覚えたり、防火管理士まで取ったので、再就職に向けて準備万端、抱腹絶倒です(笑)。

 

 

 

人事異動 (新潮文庫)

人事異動 (新潮文庫)

 

 

転職希望

今年度に入って、最初の願書を提出しました。

転職するための受験願書です。

転職活動を始めて、もうかれこれ4年になり、合計すると20団体近くに応募しています。

そのすべてに落ちたわけではないのですが、諸般の都合もあって止むを得ず辞退したりして、結果、まだ役場に勤務しています。

今度の受験先は、いわゆる一部事務組合という、特別地方公共団体です。

今度こそ、合格すれば転職するつもりです。

 

 

 

ベーシックインカム

ブログを書き始めてから、他人のブログを毎日読むようになりました。

無意識に選択しているのかもしれないし、ただの偶然なのかもしれないけれど、共感する内容がとても多いです。

そしてその度に思うことは、今まで自分が感じてきたことは、全く「異端」じゃなかったってこと。

そのことに驚きながらも、じゃあ何故、自分の周りには、似たような価値観の人が全然存在していないんだろうと、不思議な感じもします。

 

学校のいじめ問題にしても、ブラック企業にしても、少子高齢化にしても、要は社会システムが根本から変わって、みんなが不要なストレスに押しつぶされないように、生きていければOKなわけで。 

稼ぎたい人や、名誉が欲しい人は、それぞれ頑張ってもらうことには、一切反対はしないし、社会主義になってもらいたいわけでもなく、ただもっと普通に生活できる、生きやすい社会になってもらいたいものです。

 

そうゆうことを考えると、ベーシックインカムを導入することは、今の日本にとって、最善の策に思えてしょうがないんですが、何か戦争のような大きなきっかけが必要なんでしょうか。

 

それはそれで困るけど、なんだか八方塞がりみたいで、むずかしいですね。

 

 

 

 

 

勝ちと負けの定義

地方役場といっても色々とあって、労働組合のない自治体もあります。

残念ながら?

私の自治体には労働組合があるんですが、完全なる某政党の下請け企業です。

純粋に、組合員のために活動する団体であれば、共感も、応援もしたくなるんですが、自殺者が増えようが、公金を横領しようが、仕事をサボろうが、組合には全く関係がないようで、組合の執行部の方々は、いつも組合費を使って飲み歩いたり、ゴルフに行ったりしてます。

すごくショックだったのが、人として尊敬をしていた上司から、「お前も組合の役員になって、勝ち組に来い」と言われたことです。

職場では誰とも群れない私のことを、おもんばかっての優しい言葉だったんでしょうが、勝ち組って言われても…

 

「こんな田舎役場の中で、勝ちとか負けとか、全く興味ないんで、すみません」

と、即答してしまいました。

やっぱり、この世界でいうところの大人には、なれそうにありません。

 

 

自治労の正体 (扶桑社新書)

自治労の正体 (扶桑社新書)

 

 

 

 

不貞行為

 うちの役場だけのことなのか、どこの役場でも同じなのか、職員同士で不倫をしている方は多いです。

こんな狭い町で、しかも同じ職場の中で、ホントよくやるなぁと、いつも感心するんですが。そもそも公務員としての自覚はどこへいったんでしょう。

サッカーコーチのライセンスを取得した際、「常に、グッドスタンダード」であり続けましょう!」と教わり、公務員と似ているような気がした自分が恥ずかしいです。

まぁこの種の問題だけは、本能だからどうしようもないのかもしれませんが、なんとなく、セクハラ・パワハラが当たり前の職場ということも影響しているような気がします。

せめて勤務時間中は、本能を抑えるくらいの理性を持って働いて欲しいものです。

 

 

夜明けの街で

夜明けの街で